藍の生葉染と、胡桃の染が始まりました。

7月1日より、藍の生葉染が始まりました。

7月1日の藍畑の様子。

部分写真

藍を刈り取ったところ。

刈り取った藍を、むしり取った様子。

シルクのストールは、むしった藍の葉と少しの塩を入れた中に入れ、一緒に上から押す様にして染めます。

シルクの糸や、ウールの糸は、水と藍の葉をミキサーにかけて染めます。

ミキサーにかけた液は、洗濯ネットでこし、絞ります。

その液で、糸は染めます。

糸を染めているところ。

一度目の酸化をする為、液から上げ絞っているところ。

酸化させているところ。

もう一度液に戻し、染めます。

最後は、しっかりと水で洗います。

しっかりと洗うことが、綺麗なブルーを出すことになるので、洗いは重要です。

生葉で染めた糸

染めた糸で整経しているところ。

生葉で染め、織上げたミニマフラーと、ストール

 

藍の生葉で染められるのは、7月と8月ですので、是非この機会にお越し下さい。

 綺麗なブルーが染められますよ。

 

7月1日より、胡桃の染も始まっています。

炊きだしているところ。

染めているところ。

胡桃の無媒染で染めたウールループの糸

綿も、すくすくと育っています。

 

  • 2018.07.06 Friday

コメント
コメントする